妊娠と見間違えるPMSの吐き気

生理前の吐き気の原因はPMS?それとも妊娠?

看護師

女性の中には生理前に吐き気を感じ、つわりなのではと考えてしまう方が多いです。妊娠による影響で生じた吐き気でなかった場合、PMSを発症している可能性があります。まずはPMSがどのようなものなのかを確認してみましょう。

妊娠のつわりと間違えやすいPMSって何?

女性の約8割がPMSによる症状を体感しています。症状が現れ始めるのは生理前の一週間から二週間の間であり、生理が始まると症状は和らぐことが多いです。場合によっては生理後に症状が再発することがあります。

月経前症候群はPreMenstrual Syndromeを略してPMSと呼ばれている婦人科疾患のひとつ。女性の月経周期のうち、排卵後から月経までの間にホルモンバランスが変化することに起因して、体調や精神状態が不安定になってしまう疾患です。

引用元:PMSはもう我慢しない! 原因や治療法を知ってスッキリ改善

PMSと妊娠初期の症状は似ている

PMSの症状

  • 腹痛
  • 吐き気
  • 便秘や下痢の発症
  • イライラが生じたり、心がうつ状態になる
  • 精神が不安定になり、集中力の低下などが発生する

妊娠初期の症状

  • 着床出血の発生
  • 腹痛が生じる
  • 吐き気
  • 心的変化
  • 風邪に似た症状の発生
  • 身体のだるさを感じたり、強い眠気が生じる

なぜ似たような症状が現れるのか?

妊娠したりPMSを発症すると、体内にプロゲステロンと呼ばれるホルモンが分泌されてさまざまな症状が現れます。このホルモンは受精卵が子宮内膜に着床して成長するのをサポートする効果を持っているため、妊娠の際はとても重要な役割を担っています。PMSの場合は生理が生じる前にプロゲステロンの分泌量が減っていき、徐々に症状が落ち着いていくことが多いです。しかし発症する女性によっては、生理が始まるまで症状が持続し続けることがあります。

妊娠超初期症状とPMSの症状は様々ありますが、人によってはほとんど差がなく見分けがつきません。これらの症状がこれほど似ているのは、妊娠や生理前に分泌される女性ホルモンが関係しているからです。

引用元:妊娠超初期症状とPMSの基礎知識!違いを知って見分けよう

生理前の吐き気に苦しむ女性たちの体験談

笑顔の女性

生理前に発生する吐き気や腹痛などの症状で、PMSなのか妊娠による症状なのかを判断することはとても難しいです。まずは実際にこういった症状を体験した方のコメントをチェックし、どういった症状に気を付ければよいのかを調べましょう。

妊娠かと思ったらPMS・・・女性たちのモヤモヤ体験談

PMSなのか妊娠なのかさっぱり分かりません。(20代/鈴木さん)

生理前から吐き気が長期間続いてしまい、食欲がわかなくなってしまうことが多いです。またふくらはぎや太ももなどの場所に痛みが生じてしまい、つらくて立つことができなくなることもあります。きちんと睡眠をとっているのに日中強い眠気が生じてしまい、気が付くと家事をしている最中に眠ってしまいます。日常生活にもいろいろ悪影響が生じているので、今後は病院などで相談を行ない何とか症状を改善していきたいと考えています。

吐き気のせいで生理前は憂うつになります。(30代/山本さん)

生理が始まる前になると強い吐き気が生じてしまい、食事をとることができなくなってしまいます。症状が出始めたのは子供を出産した後であり、子供を育てるために食事をとろうとしましたがなかなか症状が改善されずに困っています。PMSを発症していると知ってからは、なるべく症状を少しでも改善できるようにサプリや漢方などを使用するようにしました。

PMSによる吐き気と妊娠による吐き気を見分ける方法

微笑む女性

身体に吐き気や腹痛などの症状が現れた場合は、まずPMSによる症状か妊娠による症状なのかを調べる必要があります。ここでは吐き気や腹痛などの症状が、妊娠とPMSのどちらによって発生しているのかを見分ける方法をお教えします。

PMSと妊娠の見分け方

胸の張り
PMSは発症すると胸に張りが生じますが、生理に入ると胸の張りは解消されることが多いです。一方妊娠している方の場合は女性ホルモンの分泌が活発になるため、胸の張りがそのまま続きます。人によっては乳首に鋭い痛みを感じることもあるので、胸の張りが長時間続いたり乳首に痛みを感じたりする場合は一度産婦人科などで診察を受けるようにしましょう。
腹痛
PMSを発症すると腹痛が発生することが多く、主に下腹部や腰が痛くなります。受精卵が子宮内膜へと着床する際は痛みを感じることがあると言われていますが、下腹部にチクチクとした痛みが生じる場合はこの着床痛である可能性が高いです。腹部に痛みを感じた際は身体の感覚を調べ、着床痛であるかどうかをチェックしてみましょう。
おりもの
生理が近づくとおりものの量は増え、状態も水っぽく透明に変化することが多いです。生理後は粘り気のある濁った状態へと変化し、無事に妊娠していた場合はおりものの量が一時的に増えます。透明で水っぽいおりものが大量に出た場合は、妊娠している可能性が高いです。しかし着床出血がある場合は、おりものの色が薄い茶色や黄色へと変わることがあります。
基礎体温
妊活中の女性は基礎体温を測ることが多く、妊娠している方の場合は生理予定日を過ぎても基礎体温が高い状態で維持されることが多いです。しかしPMSの場合は生理に入ると体温が低下するため、毎日体温を測定していればPMSか妊娠かどうかを把握することができます。定期的に温度を測定していれば、グラフの変化をチェックすることですぐに原因を判断することが可能です。日常生活を楽しむ際はきちんと体温測定も行なうようにしましょう。
着床出血
着床出血が起きるのは妊娠している女性のみであり、PMSを発症した方が着床出血することはありません。しかし人によっては着床出血が発生しない女性も存在するので、症状が発生しない場合でも油断しないように注意しましょう。この方法でPMSか妊娠かどうかを確かめることができるのは、生理が順調に来る方や生理不順でない方だけです。身体の具合などはきちんと定期的にチェックしておき、いつまでも健康な生活が楽しめるように対処しましょう。

このように自分が妊娠かPMSのどちらを発症しているか調べる場合は、症状を細かく確認することがとても大切です。

TOPボタン